© 2019 BEERSONIC

あらまし

 BEERSONICのスタートは(たかだか)2015年の2月にさかのぼる。長めの休暇をとって、渡ってアメリカのポートランドでクラフトビールに出会ったのが運のツキ。

 

 いつの間にか、クラフトビールの世界に片足を突っ込んで、気か付けば、店舗もないのに、自宅の一室を販売所とし「酒販免許」を取得しました。

 「BEERSONIC」の見ている風景はクラフトビールを単なるブームや一部のマニアのものだけでなく、日常のステージにあること。

 そして、時には、いろいろな垣根を飛び越えて、様々なシーンで活動している人々とともに、退屈な毎日が少しでも楽しく感じてもらえれる活動をしていきます。

         2017年初秋 BEERSONIC代表 深堀セイゴ

経歴、主な活動

2015.2 :代表フカホリ、たまたま、訪れたアメリカ、ポートランドの路地でクラフトビール工場に遭遇。この時はほとんどクラフトビールに興味がなかった・・・。

2015.8 :福岡商工会議所の「起業セミナー」に参加。適当に起業プランを作成している時、初めてクラフトビールで起業してもいいかも程度の気持ちになる。

2015.9:全く飲食業経験がないのに、福岡市で開催されたビールフェスタにボランティアとして参加。初めて、クラフトビールを注ぐ。

2015.10:この頃から休日を利用し、九州各地の醸造所をまわる。 有限会社熊本クラフトビールの広報部長に(勝手に)就任し、同社のビアフェスのお手伝いをしながら、ビールの仕込みを行う。

2016.3:23年間、勤務した職場を退社し、ビアパブ経営の道を模索する当初はビアパブ経営の予定であっが、熊本大震災が発生、ピンチヒッターで担当した福岡市内のビアフェスで熊本クラフトビールのブースで、より多くの人にクラフトビールを広げたいという思いが強くなり、既存のビアパブでなく新たな道を模索。

BEERSONIC(ビアソニック)概要

 

事業開始:平成29年4月

事業内容:クラフトビールの販売、イベントプロデュース

酒類販売業免許取得:平成29年4月13日付 西酒第73号)

事業所所在地:福岡市早良区原2−15−25−405

代表者:深堀成吾(クラフトビールコーディネーター)

メール:info@beersonic.com

 

​特定商取引法に関する表記